¥11,000以上のご購入で送料無料

自然の中にいたほうが体にはいい それは簡単な原理 ARATA FUNAYAMA

ゴールデンウイーク前のある晴れた日、HERENESSのLOOK撮影のために長野県を訪ねた。そこでモデルをお願いしたのが船山改(あらた)さん、小諸市で暮らすアートクリエイターだ。ファッションの世界でパターンナーなどとして活躍した後、故郷の長野県に居を移し、現在は企業向けのデザインやコンサルティングをしながら、アート作品を生み出している。また双子の弟である潔(いさぎ)さんが、アウトドアメーカーのサポートも受ける本格的なクライマーということもあり、クライミングやスノーボードが生活の一部になっているそう。そんな船山さんが、いま取り組んでいるモチーフが〈縄〉だ。

〈縄〉というモチーフとの出合い

「いろんなところから繋がってというか、まさに〈縄〉が繋がりそのものなんですけど。きっかけのひとつは(縄=ロープに命を預ける)クライミングをやっていたこと。もうひとつは、去年、鬱になってしまったことなんです。自分は何がしたいのかなって。お金もないし場所もない、何があるんだろうって。改めて考えた時に、周りの人だったり、仕事だったり、全てのものは繋がりの中にあると気づいたんです」

完璧主義から、東京での生活では食事をとる間も惜しんで仕事に打ち込んだ船山さん。心と体のバランスが崩れたと感じたところで、故郷の長野に戻ることを決断する。豊かな自然に囲まれた小諸のログハウスに居を構え、静かな環境の中で作品の制作や新たな仕事、アウトドアアクティビティに打ち込むことで少しずつ目指すべきバランスが見えてきた。

自然の中にいたほうが体にはいい。それは簡単な原理

「小さい頃は軽井沢の自然に囲まれた環境にいて、遊ぶのも通学路も常に自然が身近にあって、全部が庭だった。自然が身近にあってそこから遊びも思いついた。色ひとつとっても自然の色って無限だなって思うんですよね。同じ色ってひとつもないと思うし、そういった自然の中で育っていた。

人間っていうのはそもそも動物なので、自然の中にいた方が体にも当然よくて、それは簡単な原理。木が出したものを僕らが吸って、僕らが出したものを木が吸ってくれている。全てのものは循環していて、そこに相反することっていうのは僕にとってもそうですし、今住んでいる地球にとってもよくないなってことに気づかされました」

そうした自然と調和してきた日本の文化に惹かれるという船山さんが、〈縄〉の持つ重層的な魅力についても解説してくれた。

「縄って実は二方向あるんですけど、それによって力が発揮されるっているのが縄文時代の考え方。そういう日本と関わりの深いものが縄なんです。そして一本の中にすごく細い糸が束になっていて、その糸も繊維が連なってできている。表面から見るとひとつに見えるんですけど、より複雑なものが積み重なって積み重なって、はじめてひとつに見える」

人との繋がり、そして自然との繋がりから立ち上がってきた〈縄〉というモチーフを船山さんは大事に育んでいる。

arata funayama
Art creator
Photography/design/pattern/edit/ideas

STORY

つながりを取り戻す<br>リトリート

つながりを取り戻す
リトリート

夏の入り口、山の天候も落ち着いて初心者が登山を体験するには絶好の季節、八ヶ岳の美しい森に親しむリトリートが開催された。

普段、都会で暮らしているけれど自然に触れたい、けれどそのきっかけがつかめない、というひとたちの背中を押してくれるようなイベント。

主催したのはHERENESSのヨガコレクションのモデルを務めてくれたMIKAさんとその友人でフリーライターの茂手木佐和子さん。HERENESSもその趣旨に賛同し協賛させていただいたこのリトリートについて、佐和子さんにお話を伺った。

view more
自然(じねん)を求めて MIKA SAITO

自然(じねん)を求めて MIKA SAITO

〈NATURE〉という英語が日本に入ってきて、〈自然(しぜん)〉という訳語が与えられたのは明治の頃。その結果、〈自然〉という言葉には〈人間〉と対置される客観物と捉えられるような語感が生まれた。例えば〈自然保護〉という言葉には人間が周辺環境である自然を守るという意識が反映されている。

しかし、本来仏教用語であった〈自然〉は〈じねん〉と読んで「自ずから然(しか)らしむ」というもっと広い意味を内包していた。人間自身も含めて「あるがまま」にある状態である〈自然(じねん)〉という考え方を教えてくれたのが、今回HERENESS YOGAコレクションのモデルを務めてくれたMIKAさん。旅や登山、そしてヨガを通して〈あるがまま〉=〈自然(じねん)〉を実践してきた彼女は、いま会社勤めを辞めて山梨県北杜市への移住を選択した。

view more
MORNING RUN WITH #002 YUSUKE OGURA

MORNING RUN WITH #002 YUSUKE OGURA

朝はランナーにとって神聖な時間。静まりかえった街に響くのは自らの足音と呼吸音だけ。自分の心と体にフォーカスし、日々の差分を確認する。季節の移ろいも光の変化も、一日のうちで最も顕著に感じ取ることができる。それもこれも、走るために早起きをしたからこそ。そんなランナーにとっての特別な時間を共有させてもらう〈MORNING RUN WITH〉、第2回はハーフマラソン日本記録保持者で、2021年琵琶湖マラソンの記録によってマラソン歴代十傑へと名乗りを上げた小椋裕介選手。

view more
MORNING RUN WITH #001 TASUKU ARAI

MORNING RUN WITH #001 TASUKU ARAI

朝はランナーにとって神聖な時間。静まりかえった街に響くのは自らの足音と呼吸の音だけ。自分の心と体にフォーカスし、日々の差分を確認する。季節の移ろいも光の変化も、一日のうちで最も顕著に感じ取ることができる。それもこれも、走るために早起きをしたからこそ。そんなランナーにとっての特別な時間を共有させてもらう〈MORNING RUN WITH〉、第一回は青山学院大学陸上部で主将を務めた荒井輔さん。

view more
混沌とした世界でも ランニングが「今」へと導いてくれる

混沌とした世界でも ランニングが「今」へと導いてくれる

NYブルックリンで暮らす二人のランナー、ブライアンとローラにコロナ禍で変わったこと、そして走ることが彼らにとってどんな意味を持つのかについて話を聞いた

view more
Factory Tours |COMING SOON

Factory Tours |COMING SOON

私たちの製品は、多くのひとたちの手を経て作られています。HERENESSが信頼するサプライチェーンのみなさんをご紹介していきます。お楽しみに!

view more