¥11,000以上のご購入で送料無料

On Running ランニングの合間に

HERENESSのメンバーが大好きで購読しているメディアがあります。『Lobsterr Letter』、毎週月曜日の朝にメールボックスに届くNEWSLETTERです。海外のソースを中心とした、政治、経済、文化などの話題がフラットに並べられ、そのどれもが優しい視点で解説されています。

このNEWSLETTERで特に楽しみにしているのが、OUTLOOKという時評のコーナーです。3人のメンバーが週替わりで、ニュースから得られる気づきやそれを深掘りした思考、個人的な体験などを語ってくださいます。その半歩先を行く考察は、「なんとなくそんな気がしていたんだよな」という私たちのまだまとまり切っていない思考をぴたっとした言葉に落とし込んでくれます。

ある日、このOUTLOOKで〈On Running ランニングの合間に〉というタイトルの記事が届きました。ここに書かれていたことは、まさにHERENESSが伝えたいと思っているランニング、体を動かすことの核心でした。これをHERENESSのユーザーのみなさんと是非シェアしたいと思い、〈LOBSTERR LETTER〉のご好意で転載させていただくことになりました。

Outlook
On Running ランニングの合間に

パンデミックの影響でメンタルや健康に不調をきたすことが多いと聞くが、幸運なことに、そうした悪いコンディションとは無縁のままでいられている。それどころか、体力もついてきて毎晩ぐっすり寝ている。食生活や会社が提供してくれるさまざまなWFH支援のおかげもあるのだろう。でも最も確実な理由は、運動不足解消のために始めたランニングにすっかり没頭していることだ。習慣の域を超えて、生きがいにすらなりつつある。



定期的に運動するのは実に約20年ぶりで、ランニングを始めたばかりのころは3kmでへばっていたものだ。近所の公園では、小さな少年や高齢者の方に何度も抜かれた。いまは徐々にペース配分と走り方を覚え、10kmを週3回走っている。観葉植物への水やりやゴミ出しと同じように、必要欠くべからざるものとして毎週の習慣に刻み込まれている。



ちょっと話が逸れるけれど、国際政治学者の藤原帰一さんの「映画を見る合間に、国際政治を勉強しています」というTwitterプロフィールがとても好きだ。東京大学教授まで務めるほどの自身のプロフェッショナル性を「映画好きである自分」が凌駕していることがセンスよく表現されている。そうした観点では、村上春樹さんの『走ることについて語る時に僕の語ること』に記されている、墓碑銘に「作家(そしてランナー)」や「少なくとも最後まで歩かなかった」と刻んでもらいたい、という一文も同じような話かもしれない。流石に墓碑銘に刻むほどのめり込むかはわからないが、ランニングには「ひょっとしたら自分もそうなるのでは」と思わせるほどの底無しの魅力がある。少なくとも、来年あたりには「ランニングの合間にLobsterrというメディアをやっています」などと言っているかもしれない。



ランニングの効用は数え切れないが、最も重要なのは精神性の回復だ。週末も『Lobsterr Letter』のエッセイを書いたり文章を読んだりしていると生活のなかで考えることの比率が高まり、純粋に何かを「感じる」時間は少なくなる。身体性や感情を無視してしまうことに慣れている自分がいる。ランニングはそうしたものを取り戻すためのリハビリとして機能する。走るごとに回路が生成され、世界を受け止めるための新しい細胞が芽吹く。



最近読み返している『BORN TO RUN 走るために生まれた』には、スポーツ医学や生物学的にいかに人間が長距離を効率よく走るための身体をしているのかが詳述されている。ばねのような脚、ほっそりした上半身、無毛の皮膚、太陽光を貯めにくい直立した姿勢などの人間の身体的特徴は、歩くためでなく(ましてや座ってディスプレイに向かうのではなく)、走るために最適化されているのだという。



先週、ランニングの大先輩たちと語らいながら、新緑が目に眩しい代々木公園を5周した。いつもより少しゆったりしたペースで走りながらかけてもらった「気持ちよければいいんですよ」という一言が忘れられない。「ランニングは身体や精神を解放するため」と言いながらも、週に3回という自分なりの決まりや、キロあたりのペース配分に気を遣うあまり、身体性を思考の配下に置いていた自分に気づく。走るときくらい良し悪しや規範、記録などをすべて脇に置き、季節に応じて空気や景色、脚にかかる心地よい負荷に耳を傾けていたい。──Y.S


『Lobsterr Letter』は、 世界中のメディアから「変化の種」となるようなストーリーをキュレートするウィークリーニュースレター。
コンパクトな文量で、 ロングスパンの視座を。 皮肉や批判よりも、 分析と考察を。 ファストフードのようなニュースではなく、 心と頭の栄養となるようなインサイトを。
目まぐるしく進む社会のなかで、 立ち止まり、 深呼吸をして、 考えるためのきっかけを届けている。
下記リンクから是非購読を!

www.lobsterr.co

TOPICS

SUSTAINABLE TALK #003 天然素材アイテムで洗濯を快適に

SUSTAINABLE TALK #003 天然素材アイテムで洗濯を快適に

木の実やウールの塊が洗濯に使えるなんてご存知でしたか?今回のSUSTAINABLE TALKは環境に優しく、なにより洗濯が楽しくなるアイテムをご紹介します。

view more
SUSTAINABLE TALK #002 使えば使うほど環境に優しくなれるアプリ

SUSTAINABLE TALK #002 使えば使うほど環境に優しくなれるアプリ

たとえ一人の行動でも、「データ」となればその蓄積がいかにポジティブな影響を及ぼしているか実感を得ることができる。アプリを活用して、楽しく課題解決に参加してみませんか?

view more
SUSTAINABLE TALK #001 サステナブルなだけじゃない? 〈量り売り〉こそ美味しい理由

SUSTAINABLE TALK #001 サステナブルなだけじゃない? 〈量り売り〉こそ美味しい理由

海外ではよく見かける食料品の〈量り売り〉。近年日本でも様々な量り売りを展開するお店が増えていますが、みなさんは利用されたことがありますか?

view more
ウール 自然からの贈り物

ウール 自然からの贈り物

私たちのシグネチャーマテリアルであるメリノウール。その強みや注意するべきところ、何よりも魅力をお伝えします。

view more