¥11,000以上のご購入で送料無料

ランニングを通した出会いで 今の自分はある
MIZUKI KATSUMATA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第5回は、ランニングコミュニティ〈LOL RUN CREW〉を主催する勝俣水稀さん。

  • PhotographIORI MATSUDAIRA
  • TextHERENESS

薬剤師として忙しい日々を過ごしながら、ランニングコミュニティ〈LOL RUN CREW〉を立ち上げた勝俣水稀さん。走り始めたきっかけは大学時代に参加した名古屋ウィメンズマラソンだった。

ゆっくり走ってもいいんだ

「フルマラソンを一生に一回は走ってみたいよね、っていう気持ちはどっかにあって。でも周りにそんな子もいないし、特に自分から何か行動を起こそうってわけでもなかった。そんな時に名古屋ウィメンズマラソンを目指すトレーニング企画に声をかけてもらって、これチャンスだなって」

参加したプログラムは、ランニング初心者が中心。通えば徐々に距離を走れるようになるトレーニングは彼女にとって新鮮だった。それまで走ったことのある最長距離は5kmだったけれど、自然に10kmを走れるようになっていた。

「きついんだろう、無理だろって思ってたんですけど、みんなでゆっくり楽しく、話をしながら走る、そういったコンテンツがあった。ゆっくり走って良いんだって、ガチガチな部活のイメージから変わっていった。ゆっくりみんなで走って、気づいたら10km走れたって。走ることはきついというのはいわゆる偏見だったのかなって、その時思いました」

レース本番は当然苦しさもあったものの、それを大きく上回る喜びや驚きがあった。

「自分の中で30kmまでは絶対止まらないでいこうって決めてました。その30km地点を越えてストレッチで止まった時に、全然知らない沿道の応援の方が(筋肉の冷却)スプレーを貸してくれたんですよ。ほんと泣きそうになっちゃって。何でこんな知らない人なのに!って。走り終わった後、確かにきつかったってのもあるんですけど、やっぱり楽しかったっていう気持ちの方がすごく強くって、それをきっかけでランニングを続けるようになりました」

ランニングを通した出会いで、今の自分はある

勝俣さんにとって、ランニングは生活の一部となった。それだけでなく2019年には仲間とランニングコミュニティを立ち上げるまでになる。ただ、医療系のメンバーも多く、時間がまちまちで一般のランニングコミュニティのように、毎日毎週この時間といったルーティンを組むのが難しかったそう。

「だったらその時来ることができる子たちが主体になって、時間や場所を決める。今回はここで走ろうねって。ただ走るだけではなくて、ランプラスαでいろいろ企画したりしてきました」

そうした企画が立ち上がっていく中で、スキンケアブランド〈ロクシタン〉が取り組んでいる視覚障がい者支援プロジェクトとのコラボレーションなど、社会課題に取り組むプログラムも実現できた。

「街の歩道にある視覚障がい者用の点字ブロックをみながら、追いかけながら走るっていう企画をさせていただいて。東京に点字ブロックがこんなにあって、でもこういうところ剥がれちゃってるよねとか、そうした問題にも気づけたり。そのあとは〈ロクシタン〉の製品に必ずある点字を実際にみんなで読んでみたり。いろんな気づきになりました」

コロナの影響もあり、コミュニティとしての活動には自ずと限界もある。その中でも、工夫しながら仲間との繋がりやモチベーション維持を試みている。

「朝、zoom上で集まって、各々走って、またオンラインで集まるなんてこともしてみました。一緒にコミュニティを始めたリサという子が今はシンガポールにいるんですけど、彼女とインスタライブでつなぎながら走って、つなぎっぱなして、今どこ走ってんの?って。それをメンバーもみながら一緒に走ったり。
 
 あなたにとってランニングとは?という質問を受けたことがあって、〈コミュニケーション〉っていうのがパッと出てきた。スポーツとしてのランニングもすごく好きなんですけど、私としてはそういうコミュニケーションとしてランニングを使ってるなって。ランニングを通しての出会いで今の自分があるなって思います」

勝俣水稀 身長165cm
SMOOTH WOOL T‑SHIRT(UNISEX) (INK BLACK) Sサイズ ¥9,900
SUGARCANE SHORTS (OLIVE GREEN) Mサイズ ¥12,000
FLUFFY WOOL SOCKS SHORT (BLACK)Sサイズ ¥2,200
✳︎価格は全て税込

PEOPLE

働き方は自分で作ってきた  NOMURA SHOTEN 野村空人

働き方は自分で作ってきた NOMURA SHOTEN 野村空人

働き方そのものを作ってきた野村空人さんにとって、仕事は生活の一部であり自分の一部となっている。

view more
HAGIさんは、なぜGMRC(Good Morning Run Culture)を主催するのか?

HAGIさんは、なぜGMRC(Good Morning Run Culture)を主催するのか?

走ることが目的じゃない Good Morning Run ClubとGood Morning Run Culture

view more
理想の動きを求めて<br>MOMOKO AKIYAMA

理想の動きを求めて
MOMOKO AKIYAMA

〈体を動かす喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第5回は陸上競技実業団チームを引退し、ランニングとの新しい関係を模索している秋山桃子さん。

view more
意味があることだから頑張れる NOBUYUKI SHIROI

意味があることだから頑張れる NOBUYUKI SHIROI

とにかく笑顔なのだ。撮影のために何度も何度も走ってもらうのだけれど、その度に笑みが溢れる。すこしストイックな表情でお願いします!と声をかけないとずっと頬が緩んだまま。それくらい走ることが楽しいというのが伝わってくる。フォームが軽やかなのはブレイクダンスで世界大会にまで出場していたというバネが効いているからだろう。

〈HERENESSのSUGARCANE LONG PANTS〉のモデルをお願いした白井伸之さんは 、甲府のコーヒースタンド〈AKITO COFFEE〉で働く傍ら、トライアスロンの超ロングディスタンスレースであるアイアンマンレースを目指してトレーニングに励んでいる。東京から甲府に移住して仕事を楽しみ、フィールドを活かして体を動かす。そんな白井さんがここに至るまでの話を聞いた。

view more
走ることは生きること 歯磨きと変わらない<br>NOBUHIDE TAKASHIMA

走ることは生きること 歯磨きと変わらない
NOBUHIDE TAKASHIMA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第4回は、中学時代から陸上競技に打ち込み、今もランニングに関わる仕事を続ける高嶋宣秀さん。

view more
他人と比べずに自分を見つめる NATSUKI KISO

他人と比べずに自分を見つめる NATSUKI KISO

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第3回は、社会人になってからトレーニングやランニングを始め、仲間と体を動かすことの楽しさを知った木曽夏希さん。

view more
体の中が空っぽになる感覚が気持ちいい CHIHIRO YOSHIKAWA

体の中が空っぽになる感覚が気持ちいい CHIHIRO YOSHIKAWA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第2回は走り始めて1年、心と体の変化を実感している吉川千翔さん。

view more
めまぐるしい時こそ、走る YUKINA TANIMOTO

めまぐるしい時こそ、走る YUKINA TANIMOTO

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第一回は800m走という過酷な競技を経て、いまは〈楽しみとしてのランニング〉を手にした谷本有紀菜さん。

view more