¥11,000以上のご購入で送料無料

めまぐるしい時こそ、走る YUKINA TANIMOTO

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第一回は800m走という過酷な競技を経て、いまは〈楽しみとしてのランニング〉を手にした谷本有紀菜さん。

  • PhotographIORI MATSUDAIRA
  • TextHERENESS

とても朗らかでしなやかな話ぶりだけれど、時々芯の強さを感じさせる一面がふと顔を覗かせる。800m走という心身ともに厳しい競技で、中学時代には全国優勝を経験、大学時代にも全国3位という成績を残した谷本有紀菜さんだからこそ、見えている世界がある。一方で、現役を退いてからはランニングコミュニティの指導などを通して、“競わないランニング”の喜びも見出した。谷本さんのランニングとの向き合い方には、ランニングを楽しむヒントが溢れている。

自分の頭で考えて結果が出た

谷本さんが入学した小学校は生徒数が少なく、例年行事のマラソン大会も一学年全体、男女混合で行われていた。

「ひとりすごく速い男の子がいて、ナガタくんっていうんですけど、彼がずっとライバルで。6年間のうちになるべく多くナガタくんよりも勝つっていうのを目標に頑張っていました(笑)」

男子と競うほど脚が速いことに気づいた谷本さんは、中学校に上がると自然な成り行きで陸上部に入部する。

「中二の時に全国大会で優勝しちゃって、陸上競技を専門的に高校から始めることにして、山口県の西京高校っていう県内で一番強いところに入ったんです。けど、怪我したりであんまり3年間うまく競技ができなくて。全国大会には出たんですけど、優勝できなかったりで結構悔しい思いをしました。大学どうしようって思った時に、辞める道もあったんですけど、負けず嫌いなんでしょうね、このままじゃ終われないって」

名門の筑波大学に入学すると、ひとつ上の学年に“800mの女王”と呼ばれた真下まなみ選手がいた。レベルの高い先輩の存在と、学生が自分たちで考えてトレーニングを組み立てるというスタイルが噛み合って全国大会3位という結果を残すことができた。

「大学に入ってから自分たちでメニューを考えて組み立てるスタイルになった。だから余計に、いままでなかった知識も吸収してやることができました。高校までの自分のやり方とはまったく違うやり方だったので、それもあって伸びたのかなって思いますね。800mっていま思うとむっちゃキツいですよ(笑)。短距離の練習もするし、長距離の練習もしなきゃいけない。でも、それが面白かったのかもしれないですね。練習のプランニングをするのも楽しかった。自分は長距離が強いんだっけ、短距離は弱いんだっけ、短距離が弱いから練習もしてみようかなとか。分析するのは楽しかったですね」

ランニングコミュニティに触れて、走る喜びを見つけた

第一線で活躍した選手の場合は、現役を退いた後に“楽しみのためにスポーツをする”という切り替えをするのが難しい場合が多い。谷本さんも最初はそのリズムを掴むのに苦労した。

「やっぱりストイックなのかなぁ、なんか変に追い込むところあるんですよ。陸上引退してすぐは競技の時の感覚が残ってるからタイムは刻むし、距離も何キロ、何分以上走ってと密にやってたんですけど続かなくて。目標がないのにそれをやってもしんどいだけだなって。それが嫌で時間測るのをやめたんですね。時間も距離も測らない。ストップウォッチも持たないし、自分が走りたい時にばーって走って疲れたらやめる、みたいなやり方を続けて、ランニングをずっと好きでいられるようになりました」

もうひとつ谷本さんにとって、ランニングとの関わり方が大きく変わる出来事があった。

「ランニングコミュニティで市民ランナーの人と関わる機会が増えて、そこからはラニングが苦じゃなくなったかな。走る=競うみたいなイメージがあったんですけど、コミュニティでしゃべりながら走るとか、コミュニティを広げながら走るとか、こういう走り方あるんだって気づいて。誰かと走ったりする時はやっぱりリラックスしながら走れるし。走った後もすごい、なんだろう、頭の中が整理されるところがあります。そうですね、コミュニティの存在は大きかったですね」

マインドが揺れている時、時計を持たず走る

最後に改めてランニングの魅力について尋ねてみた。

「コロナのこととか、自分の環境が変わったりとかで、めまぐるしいときこそ走るようにしています。そうすると整理できる。これ、別に絶対やらなきゃいけないことじゃないよねとか、今日はこれをやりたいから、そのためにこれをやろうとか。そういう頭の整理が自分の中ではつく。だからマインドが揺れている時とか不安定な時ほど時間を作って、時計を持たず走るっていうのが、自分の中ではすごく大事なことになっているかな。よし走るぞっていって走るより、なんか疲れてるな、気持ち上がんないなって時に走るのが私は好きです」

谷本有紀菜 身長165cm
SMOOTH WOOL T‑SHIRT(UNISEX) (WOOL BEIGE) Sサイズ ¥11,000
SUGARCANE SHORTS WOMEN (OLIVE GREEN) Mサイズ ¥12,000
FLUFFY WOOL SOCKS ANKLE (WHITE)Sサイズ ¥1,800
FOCUS CAP (OLIVE GREEN)フリーサイズ ¥6,600
✳︎価格は全て税込

  • <

PEOPLE

働き方は自分で作ってきた  NOMURA SHOTEN 野村空人

働き方は自分で作ってきた NOMURA SHOTEN 野村空人

働き方そのものを作ってきた野村空人さんにとって、仕事は生活の一部であり自分の一部となっている。

view more
HAGIさんは、なぜGMRC(Good Morning Run Culture)を主催するのか?

HAGIさんは、なぜGMRC(Good Morning Run Culture)を主催するのか?

走ることが目的じゃない Good Morning Run ClubとGood Morning Run Culture

view more
理想の動きを求めて<br>MOMOKO AKIYAMA

理想の動きを求めて
MOMOKO AKIYAMA

〈体を動かす喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第5回は陸上競技実業団チームを引退し、ランニングとの新しい関係を模索している秋山桃子さん。

view more
意味があることだから頑張れる NOBUYUKI SHIROI

意味があることだから頑張れる NOBUYUKI SHIROI

とにかく笑顔なのだ。撮影のために何度も何度も走ってもらうのだけれど、その度に笑みが溢れる。すこしストイックな表情でお願いします!と声をかけないとずっと頬が緩んだまま。それくらい走ることが楽しいというのが伝わってくる。フォームが軽やかなのはブレイクダンスで世界大会にまで出場していたというバネが効いているからだろう。

〈HERENESSのSUGARCANE LONG PANTS〉のモデルをお願いした白井伸之さんは 、甲府のコーヒースタンド〈AKITO COFFEE〉で働く傍ら、トライアスロンの超ロングディスタンスレースであるアイアンマンレースを目指してトレーニングに励んでいる。東京から甲府に移住して仕事を楽しみ、フィールドを活かして体を動かす。そんな白井さんがここに至るまでの話を聞いた。

view more
ランニングを通した出会いで 今の自分はある<br>MIZUKI KATSUMATA

ランニングを通した出会いで 今の自分はある
MIZUKI KATSUMATA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第5回は、ランニングコミュニティ〈LOL RUN CREW〉を主催する勝俣水稀さん。

view more
走ることは生きること 歯磨きと変わらない<br>NOBUHIDE TAKASHIMA

走ることは生きること 歯磨きと変わらない
NOBUHIDE TAKASHIMA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第4回は、中学時代から陸上競技に打ち込み、今もランニングに関わる仕事を続ける高嶋宣秀さん。

view more
他人と比べずに自分を見つめる NATSUKI KISO

他人と比べずに自分を見つめる NATSUKI KISO

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第3回は、社会人になってからトレーニングやランニングを始め、仲間と体を動かすことの楽しさを知った木曽夏希さん。

view more
体の中が空っぽになる感覚が気持ちいい CHIHIRO YOSHIKAWA

体の中が空っぽになる感覚が気持ちいい CHIHIRO YOSHIKAWA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第2回は走り始めて1年、心と体の変化を実感している吉川千翔さん。

view more