¥11,000以上のご購入で送料無料

理想の動きを求めて
MOMOKO AKIYAMA

〈体を動かす喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第5回は陸上競技実業団チームを引退し、ランニングとの新しい関係を模索している秋山桃子さん。

  • PhotographMASARU FURUYA
  • TextHERENESS

おっとりとした話ぶりからはとても第一線で勝負していた陸上選手だったとは思えない。おしゃれが好きでイラストを描いたりアクセサリーを作ったりといった側面も一般にイメージするアスリート像とは少し違っている。けれど彼女は、2020年青梅マラソン10kmの部で33分29秒で優勝という結果を残し、現役を引退したばかりのランナーなのだ。

3年半の実業団時代はちょっときつかった

「引退はずっと考えてました。一年目からタイム的にも気持ち的にも追いつかない部分があって、お金をもらってやっているのになんで結果に結びつかないんだろうって。やっぱり結果が全ての世界で。まだそういう時期じゃないから、これからだから大丈夫っていってもらってはいた。でも引退した年(2020年)の日体大の記録会で自己ベストが出て、青梅マラソン10kmでも優勝したのに全然嬉しくなくて。それまではやっぱり自己ベストが出たり優勝したりしたら当然嬉しかったんですけど、なんとも思わなくなっていて。これは何か違うのかなって思い始めて」

そこで秋山さんはチームに休みをもらい、母校の高校の練習に参加する。

「チームから離れて、でも走りたい気持ちにはなるので、高校の先生にも相談して合宿に参加させてもらったんです。走るのが楽しいという気持ちは残っていて、休んでいた分を取り戻すようにして走りました」

その後、実業団に戻ったがやはり気持ちは戻らなかった。秋山さんは決して成績が下がっていたわけではなかった、むしろ自己ベストを更新し、大会優勝まで成し遂げていた。ただ彼女には「職業として走る」ということがうまく体に馴染まなかったということなのかもしれない。

動きづくりにハマる

筑波大学時代から練習メニューを主体的に組み立てるということが求められたという秋山さんが、競技生活を通して特にこだわったいたのが「動きづくり」、いわゆるランニングフォームや走りの効率を高めるランニングエコノミーの分野だ。

「競技生活を通して調子が良いと感じたのは、動きが良くなっていった時。大迫傑さんみたいな動きをしたかったので、ビデオをたくさん観たり、自分でパーソナルトレーナーを探して通って、こうやって動かすんだって感覚がわかるようになってきた時の練習はすごく充実していました。

上半身と下半身の連動がうまくいくっていうか、いかに前に楽に進んでいけるかっていう感じですかね。それが自分の中で合致した時に楽に走れる感覚が生まれて、どんどん改善していった。

世界で勝負できるケニア人選手の動きをよく見ていました。接地のしかたとか、膝の向きや入り方を注意して見たり」

他の選手の動きも観察しながらマニアックに動きを追求していた秋山さん、現役時代のベストレースは?という質問に対しても良い動きができた試合をあげてくれた。

「2019年、最後に出場したクイーンズ駅伝なんですけど、その時は動きがハマりました。やっぱり最後はきつかったんですけど、全体的に力が抜けて走れていて、前の選手にもどんどん追いついて気持ちよく走れた試合でした。やっと自分の理想の動きができてきたなって感じでした」

作ることが好きで支えになった

秋山さんのインスタグラムをのぞくとポップなイラストや手作りのアクセサリーなどの投稿がたくさんあがっている。

「何かを作ることは元々好きだったんですけど、少し気持ちが落ちている時に突然母親から指輪でも作ってみたらって勧められて。全く知識もなかったんですけど、道具を一式買ってはじめてみたらすごく良いものができたんです。それでもっときちんとやってみようかなって。いまは欲しいっていってくれた人には材料費だけもらって作ってあげたりもしています。実業団に所属している頃はイラストもそうですし、何かを作るということが支えになっていましたね」

作ることやファッションが好きで、HERENESSのハーフタイツを日常でも着こなすという高度なスタイリングも楽しんでいる秋山さん。実業団を引退し、これからはウェアの着こなしも自由に楽しみながら、その美しいフォームで自分のために走りはじめる。

秋山桃子 身長163cm
TOP画像
SMOOTH WOOL T‑SHIRT(UNISEX) (WOOL BEIGE) Sサイズ ¥9,900
Econyl®︎ HALF TIGHTS(WOMEN) (BLACK) Sサイズ ¥8,800

記事内画像
CLASSIC RACE SINGLET(WOMEN) (THUNDERHEAD GRAY) Sサイズ ¥7,700
CLASSIC RACE SHORTS(WOMEN) (THUNDERHEAD GRAY) Sサイズ ¥7,700
✳︎価格は全て税込

PEOPLE

働き方は自分で作ってきた  NOMURA SHOTEN 野村空人

働き方は自分で作ってきた NOMURA SHOTEN 野村空人

働き方そのものを作ってきた野村空人さんにとって、仕事は生活の一部であり自分の一部となっている。

view more
HAGIさんは、なぜGMRC(Good Morning Run Culture)を主催するのか?

HAGIさんは、なぜGMRC(Good Morning Run Culture)を主催するのか?

走ることが目的じゃない Good Morning Run ClubとGood Morning Run Culture

view more
意味があることだから頑張れる NOBUYUKI SHIROI

意味があることだから頑張れる NOBUYUKI SHIROI

とにかく笑顔なのだ。撮影のために何度も何度も走ってもらうのだけれど、その度に笑みが溢れる。すこしストイックな表情でお願いします!と声をかけないとずっと頬が緩んだまま。それくらい走ることが楽しいというのが伝わってくる。フォームが軽やかなのはブレイクダンスで世界大会にまで出場していたというバネが効いているからだろう。

〈HERENESSのSUGARCANE LONG PANTS〉のモデルをお願いした白井伸之さんは 、甲府のコーヒースタンド〈AKITO COFFEE〉で働く傍ら、トライアスロンの超ロングディスタンスレースであるアイアンマンレースを目指してトレーニングに励んでいる。東京から甲府に移住して仕事を楽しみ、フィールドを活かして体を動かす。そんな白井さんがここに至るまでの話を聞いた。

view more
ランニングを通した出会いで 今の自分はある<br>MIZUKI KATSUMATA

ランニングを通した出会いで 今の自分はある
MIZUKI KATSUMATA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第5回は、ランニングコミュニティ〈LOL RUN CREW〉を主催する勝俣水稀さん。

view more
走ることは生きること 歯磨きと変わらない<br>NOBUHIDE TAKASHIMA

走ることは生きること 歯磨きと変わらない
NOBUHIDE TAKASHIMA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第4回は、中学時代から陸上競技に打ち込み、今もランニングに関わる仕事を続ける高嶋宣秀さん。

view more
他人と比べずに自分を見つめる NATSUKI KISO

他人と比べずに自分を見つめる NATSUKI KISO

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第3回は、社会人になってからトレーニングやランニングを始め、仲間と体を動かすことの楽しさを知った木曽夏希さん。

view more
体の中が空っぽになる感覚が気持ちいい CHIHIRO YOSHIKAWA

体の中が空っぽになる感覚が気持ちいい CHIHIRO YOSHIKAWA

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第2回は走り始めて1年、心と体の変化を実感している吉川千翔さん。

view more
めまぐるしい時こそ、走る YUKINA TANIMOTO

めまぐるしい時こそ、走る YUKINA TANIMOTO

〈体を動かすことの喜びを知る人〉を紹介するHERENESS MEMBERS。第一回は800m走という過酷な競技を経て、いまは〈楽しみとしてのランニング〉を手にした谷本有紀菜さん。

view more